アメリカの、シャネル

シャネルは、世の女性の憧れのブランドで、普通の庶民にはなかんか買えません。それでも、雑誌に芸能人が、持ってたり、ブログで紹介したりするとつい、無理してでも欲しくなります。

わたしは、最初にハワイへ行くことが決まっていたときに、腕時計を、いくらか電話かけて聞きました。そうしたら、出てきた店員さんが、とっても親切で、9月に電話したのに12月に行く予定ですといったら、私のサイズは、ブレスレッドの部分がSサイズで、めったに出ないから、つぎ入ったら、取り置きしてくれるというのです。

それで、12月に、その店員さんにお土産を持って、行きました。日本で当時25万円ぐらいのプルミールが、ハワイでは、16万円ぐらいでした。

それが、縁で、欲しい物を送ってもらうようになりました。そんなときです。ニューヨークのソーホーのお店に一人日本人がいて、その人は、関税がかからないように、郵便で送ってくれるのです。それで、ハワイで頼まなく、なり、ニューヨークと、円高だったころ、ロンドンでも日本人が送ってくっるという話を聞き、ダブルで、安いほう、あるものをチョイスして。送ってもらいました。

今では日本に送ってくれなくなたので、ハワイでよくしてくれた人が、自分の着用分として、買って、郵便で、送ってくれます。ありがたい話です。